嫁抱っこ検定

嫁を抱っこする毎日のなかで気が付いたことをつらつらと。

宮古島から始めるヘルシーもずく生活

もはや忘却の地平線の彼方。

覚えてますかとは言いません、嫁抱っこ検定協会会長の露崎です。

すっかり秋ですね。

 

さて、みなさん宮古島はお好きですか?

そう、沖縄県のかなり台湾のほう、

海の青さが美しすぎるあの南国アイランド宮古島です。

 

f:id:yomedakko:20171009155107j:plain

 

あのね、ほんとにこんな色してるんですよね、宮古島の海って。

 

このところ、とある事情で宮古島に行く機会が増えまして、

だんだん好きになってきています、宮古島

もちろん沖縄本島も楽しいし海もきれいだと思うのですが、

あの何もない、ただ海が青くて暑いだけの宮古島

言語化の難しい、しかし大変強力な魅力で溢れているように感じます。

 

中でも、露崎が魅せられているのが、もずく。

 

そう、もずく。

あのもずくですよ。

スーパーの海鮮コーナーの端っこのほうで、

安い奴だと3パック100円くらいで売られている、あの正体不明の酢漬け海藻です。

 

あれがね、宮古島は本当においしい。

 

日本で有数の生産地だけあります。特産品としての実力マジハンパないです。

 

そもそも味付けが独特なんですよね。

東京に帰ってきてから結構スーパーを回りましたが、

あの宮古島で味わった、お酢の味と同じくらいカツオ出汁がメイン感じられる

タイプのもずく酢ってほとんど売ってない。

そこに、ほのかなニンニク風味が効いているもずく酢となると、もう皆無です。

 

そう、宮古島のもずくには、ちょっとだけニンニクが入っているんですよね。

そして、太い。

歯ごたえのある太いもずくが、ガーリックな風味とカツオ出汁にさらされて、

健康食品というより、もはや優秀な酒のつまみ。

いわゆる「後引くうまさ」って奴でして、無限にばくばく食べたくなるタイプのおいしさなのですよ。

 

そんなわけで、最近はタイトルのとおりです。

毎日のようにもずく食べてます。

酢のものって割と苦手なタイプだったんですが、あろうことか、毎日もずく酢。

 

もちろん、宮古島の味に近づけようと努力してます。

手順は3ステップ。

 

1.普通のもずく酢買ってくる

2.めんつゆを投入(適量)

3.ほんのちょっと、チューブにんにくを投入

 

→ おいしい!

 

まあ、宮古のもずくに比べると歯ごたえ・食べ応えが足りないですけどねー。

あの「食べてる」感を感じられる宮古もずくがまた食べたい…。

 

通販で買うことも検討しましたが、うーん、送料がなあ!!!ww

 

 

宮古島 平良冷凍 味付け もずく 450g

宮古島 平良冷凍 味付け もずく 450g

 

 

と悩んでいましたが、いま思い出しました。

そういえば沖縄関連のアンテナショップが新宿にあったはず。

以前、沖縄旅行の時におみやげあんまり買えなくて、そこで買い足したんですよねw

もしかしたら宮古のもずくも売ってるかも?

 

ああ、京王の百貨店の上のほうですね!

 

www.feenu.co.jp

 

明日にでもさっそく覗いてきたいと思います。

皆さんも機会があったらぜひ宮古島のもずくをお試しあれ!

 

 

■本日の戦績

ちょっとだけ、ギュッとだけ。ぷらす10点。

とても繊細でクールな言葉だと思います「ひんやり」っていう日本語。

思いっきり時間があいてしまいましたが皆さん嫁だっこしてますか?

2ヶ月ぶりでございます。露崎ナニガシでございます。

 

あつくて、しにそう、です。

 

ええ、そうなんです。

わたくし特に肥満体というわけではないのですが、とにかく暑さに弱い体をしていまして、こうムシムシと不快指数が高まりますと毎日の生活まで灰色模様。

あつい。くっつくな。あっちいけ。

…なんてもちろん嫁には言えませんが、如実に抱っこ頻度も下がりますし、かといってクーラーをキンキンに冷やそうにも、実はわたくしクーラーにも弱い体をしてるんですよね。

 

ああん、究極のどっちつかず。

 

特にふたりで寝る時が悩ましいところで、嫁にくっつけば暑いし、嫁にくっつかなくても暑いし、布団をはいで寝ても暑いし、クーラー入れれば風邪ひくし…って、どうすりゃいいねーん!

 

いまだに答えは出ませんが、今年はコレの導入とか考えてます。

果たして効果はあるのかしら。

 

 

ボックスシーツ式と迷うところ。

 

しかしどちらにしても!

 

わたしは!

 

ベッドのうえで快適に!

 

嫁を抱っこしたいんじゃい! 

 

 

というわけで、また次回。

なつよ、はやく、おわってくれ。

 

 

夫婦間の信頼度

こんばんは、露崎です。

連休目前の日曜日。みなさん、今日は嫁抱っこしましたか?

 

露崎家はもちろん抱っこもしつつ、至極平和な安息日を過ごしていたわけですが、しかし先ほどその安息を一息に打ち破るような出来事が。

 

私がネットを楽しんでいると、背後のベッドで横になっているお嫁さんが一言。

 

「あーー、なんでこんな眠いんだろ。眠いー、あー、まさかー、旦那さんが睡眠薬を(夕飯に)入れたのではー…」

失礼極まりない冗談です。

というか、そもそも嫁に薬を盛るメリットが私にはほぼありません。

といってもまあ、別に怒るほどのことでもないので

「入れてないってば。お嫁さん、そんなに眠いならちゃんと寝たら?」

と、苦笑いで振り返ります。

しかし。

「え…、ふえ? あれっ、なんで? 私、いまなんて言った?」

「え、どした?」

「うん、あれ? えっと…、わたし、いま寝言言ったよね?」

「…寝言?」

「うん、夢の中でね、すごい眠いって、眠くて仕方がなくて…」

 

夢の中ですごく眠くなって寝る、という、ずいぶん複雑なことをしているお嫁さんにツッコミを入れたくなる一方で、

なんででしょう。あくまで失礼な冗談であってほしかったというか…。

「冗談」ではなく「寝言」といわれると、なんだかそれがお嫁さんの本音であるように思えませんか。

 

俺、お嫁さんに本気でおくすり盛りそうだと思われてるのかな…。

 

◆今日のお夕飯

・豆苗ともやしと鶏肉の中華風炒め(露崎作)

・ピーマンを用意するだけ!青椒肉絲(お嫁さん作)

・ナスのエスニック・スパイシー煮浸し(露崎作)

・キャベツの千切りとスティックセロリ(合作)

 

ごはんおいしかったです。

ニクいアンチクショウ

こんにちは、露崎です。
皆さん昨日は嫁だっこしましたか?

私は昨日、嫁と「ちょっといいもの食べたいね」ってことで少しだけ贅沢してきました。
向かったのは東大前の本郷三丁目駅

f:id:yomedakko:20170417133410j:plain

ご存じですか、本郷の老舗ハンバーガーショップ「ファイヤーハウス」。

人によっては聖地とすら呼ぶというキングオブハンバーガー!…らしいのですが、近所のわりにすっかり行き損ねておりましたので、この機会にどんなものか見に行った次第です。

で、注文してみれば冒頭の写真ですよ(なお、ハンバーガーの真後ろにぴょこんと出ているのが嫁の頭)。

なんですかこの迫力。
なんですかこの肉肉しさ。

f:id:yomedakko:20170417134050j:plain

は、犯罪的!

参考までに、私の注文は「モッツァレラ・マッシュルーム・バーガー」(トマト抜き)。
真っ昼間っからビールもたのみ、たいへん満足して帰ってきました。

正直に言いましょう、私は、たかがハンバーガーと侮っていた!
しかし実際には、一人2000円払う価値のある感動の味&エンターテインメント!

皆さんもチャンスがありましたら是非立ち寄ってみてください。
きっと新しい価値観の扉が開けるものと思います。

あーおいしかった!

■昨日の戦績
お出掛けに疲れてしまい、帰宅後は抱き合って泥のように眠る。ぷらす50点。

アナとWikiの女王

はいこんばんは、露崎です。
昨日は嫁だっこしましたか?

さて、表題の件。
実はディズニーとか関係ないんですが、ほら、Wikipediaってあるじゃないですか。

ウィキペディア

フルスペルのときは皆さん
「うぃ(↓)き(↑)ぺ(↑)でぃ(↓)あ(↑)」
と発音していると思うのですが…、

じゃあ「Wiki」だけの表記のときってどうですか?

「うぃ(↓)き(↑)」ですか?

「うぃ(↑)き(↓)」ですか?

と、いいますのも。

「モンハンwiki」とか「FGOwiki」とか、
一般的にはWikiという言葉の前に何かがつくと、
イントネーションは「うぃ(↑)き(↓)」になると思うんですよね。

『推薦図書』とか『三々五々』とか『API連携』なんかが近いイントネーションになると思うのですが。

でも、「Wiki」だけだと結構バラつく印象です。
露崎のまわりでは、たぶん「うぃ(↑)き(↓)」より「うぃ(↓)き(↑)」が多数派で。
『月』とか『道』とか『酒』とかと同じイントネーションで発音するほうですね。

だから、嫁との会話がたまに「Wiki」のせいで混沌としたりするんです。
以下、昨日の会話ログ。

露崎「つまり、○○が××だから、△△なんだってさ。お嫁さんコレ知ってた?」

嫁「ううん、すごーい、初めて知ったー! 旦那さんは本当になんでも知ってるねえ。どうしてそんなことまで知ってるの?」

露「えっ、いや、その…、実は、俺もそんなに○○に詳しいわけじゃないのよ。ただタイミングが良くて…、昨日たまたまWiki読んだから覚えてただけなんだよねw」

てへ、っといたずらっぽく舌を出してみせるアテクシ。
しかし嫁は、そんな俺にツッコミも入れずに難しい顔。

嫁「そうなんだー。……うーん、でも、それ、誰ー?」

露「ん? 誰って?」

嫁「だから、旦那さんにそれ、教えてくれた人」

露「え? いや、人じゃないよ。俺が知ってたのはWiki読んだからだってば」

嫁「私だってそれが人間じゃないのは分かってるよー! 人間じゃなくて、だってそれ、妖怪でしょ?」

露「えっ…?」

妖怪?
wikiが?

嫁「そう、妖怪。え、人じゃないでしょ?」

露「うん、だから、wiki読んだんだって…」

嫁「うん、だから訊いてるの。その『雪女』って誰…?」

露「…うん、ゆきおんな…?」



wiki読んだ



ゆきおんな



■嫁の言い分
『だって、滑舌の悪い旦那さんと、私の脳内の組み合わせだよ? そんなの絶対ゆきおんなだと思うに決まってるじゃん』


そうは言っても旦那さんは、日常会話にそこまで自然に『雪女』は出てこないと思うのです。
マイナス10点。

色彩と抱っこと薄闇と年末と。

はいこんにちは、先日酔っぱらってスマホを落として液晶ひびだらけの露崎です。
本日も亀裂だらけの空間からどうでもいい言の葉をぽんぽんと投げつけるよ!

さて、泣いても笑っても年末ですね。

光陰さんてば矢のごとし、月日は百代の過客なりけり。あれこれ騒いでいるうちに1年なんてあっという間に過ぎ去ってしまい、我々はただ大人のエスカレーターをされるがままにのぼるばかりです。

その半自動の世界で何を残せたか、が重要なのだと思いますが、果たして何を残せたのかと振り返ったところで、露崎の背後に控えているのはうすぼんやりとした暗闇ばかりです。

別に真っ暗闇を歩いてきたわけではないし後悔に苛まれているわけでもないのだけれど、なんと言いますか、うまく色を塗れなかったかも、とかね。
ちょっと今年はいろいろ忙しすぎました。
忙しすぎて、こんな嫁だっこ日記なんて始めておきながら、どれだけ嫁とまっすぐに向き合えたかなあなんてことまで考えてしまう始末です。

旅行には行きましたよ。
青森と函館に泊まりがけで行ったし、そのすぐあとには広島まで二人っきりで旅行をしました。
プールにも行ったし、上野公園にも行きました。
先日はひょんなことから宮古島にまで、会社のお金で行ってしまったり。

でも、ここ数ヵ月は喧嘩も多かった。
お付き合いして3年経って、メッキが剥がれてきたのだと思います。結婚生活も1年半。2度目の季節に、去年の不満が噴出した瞬間もありました。

そうか。そうかもしれない。
二度目というのは、薄暗闇の分かりやすい理由になるかもしれない。

昨年は何もかもが初めてで、何をしたってカラフルにまいにちは彩られていったんですよ。
でも、二度目はすこし違いますよね。二度目はだって、一度目と違いますから。一度目よりもうまくやりたいって、自然とそう思っちゃいますから。

そこに暗がりが生まれたのかもしれない。もやもやとした正体不明の虚ろな不安が残ったのかもしれない。
たぶん互いにお互いの無意識のプレッシャーを感じていて、そこに仕事まで忙しかったものだから、なんだか振り返った景色が疲れて見えてしまっているんだと思います。

だから――、

こんなときこそ嫁だっこなんですよね、きっと。

怒濤のような年末進行も終わりを告げ、嫁は一足早く冬休みに突入しました。露崎も明日の最後の忘年会を終えたら酔っぱらっておうちに帰ります。その後は年明けまでフリーです。

そのゆっくりした時間の端々を捕まえて、抱き締めあう時間を作ろう。
疲れて見えるなら抱き合ったままで目を閉じて、今という時間を真っ白に塗りつぶそう。

そう思う次第です。
その瞬間にこそ、僕がここに支離滅裂な文章を書いている意味が生まれてくる。

落ち着きもなく、たいしたオチもなく、2016年が幕を閉じようとしています。
来年はもう少しカラフルに、来年はもっと余白を大切に、おだやかな色彩感覚で健やかに暮らせますよう、
0と1の世界に勝手に祈りつつ、また、なぜここを覗いたのか!と天を仰いで泣きたくなるほどかわいそうな、これを読んでいる皆さまのご健勝を祈念しつつ、本日のblogはこれにて終了。

年内にもう一回くらい顔を出すかも?
わからないねえ。

何はともあれ本日の昼休みが終了いたしますので、
それではみなさま、よいお年を。

やり過ごす

そろそろ何か書きたいとは思ってるんですが、とにかく時間がないのです。

年末ってどうしてこんなに悲惨なの…